高い浄水能力で評判の浄水器とは

様々なタイプの浄水器がある中で、最も浄水能力があると評判なのは据え置き(シンクトップ)型と呼ばれるタイプです。


見た目も立派で浄水装置に細い蛇口が取り付けられており、そこから浄化された水が出てくるわけですが、タンクの中で水がいかにもきれいに浄化されていく様子が目に浮かびます。

浄水器の評判がどんなものかご存知ですか。

シンクの上に置いたり、壁に取り付けて使うことも可能です。



蛇口から直接あるいは分岐させてホースでつなぎ給水を行いますので最初の準備に少し時間がかかりますが、ろ過水量やろ過能力が他のタイプと比べて非常に優れているのが魅力です。

原水と浄水の切り替えはワンタッチで簡単です。


またこの据え置き(シンクトップ)型の浄水器の中で最近評判を上げているのが、アルカリイオン水や調理向きの軟水など、水の性質まで変えることができる商品です。


浄水器が飽和状態である中で他との違いを明確に打ち出す必要があるのでしょう。


実際に使っている人の評判はとても高く多くの方が満足しているようですが、タンクが大きいのでシンクに余裕がないと設置することができないという欠点もあります。

つまり、すべてのご家庭で使うことができないということです。また価格の面でも10万円近くするものもあり、ポット型や蛇口直結型と比べると決して安いとは言えないでしょう。



ただ、カートリッジの交換時期が年1〜2回程度と比較的長いので、手間という点では他のタイプと比べると楽と言えます。
頻繁に交換するのが面倒という方にはおすすめです。